開催予定・開催中

未定

終了しました

会 場
ルミネ池袋 B1ウインドウ
会 期
2016年5月24日 ~ 6月15日

会 場
ルミネ新宿|ルミネ2・1F ロクシタン横ウィンドウ
会 期
2016年2月1日(月) ~ 3月9日(水)
※恋マシンのみ15日まで展示

上タムラ下開発

出展作家
開発好明 タムラサトル
会  場
Cross View Arts
※ギャラリーなつか入口より、お入りください。
会  期
2016年3月7日 ~ 3月19日
時  間
11:00 - 18:30/土曜17:00まで 日曜休廊

青参道アートフェア2015 http://aosando.comLinkIcon

会 場
GANZO本店に出展しています
GANZO(ガンゾ本店)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-2-7 1F
TEL: 03-5774-6830
会 期
2015年 10月15日(木) ~ 10月18日(日)
時 間
11:00~20:00

POINT OF CONTACT #6
SATORU TAMURA EXHIBITION

Curated by Kazuhide Miyashita – MUG Tokyo/Berlin

会 場
LAGE EGAL RAUM FÜR AKTUELLE KUNST
Danziger Strasse 145 Prenzlauer Berg 10407
Berlin, Germany
Opening
2015年8月27日 19:00 〜 22:00
会 期
2015年8月28日 〜 9月12日
時 間
水曜 〜 土曜 14:00 〜 19:00
その他

4c803f8b-9d16-4388-af5a-42ea0fc53a70.jpgFullSizeRender.jpeg


タムラサトル x ギヨーム・ラブリ
[TÉLÉPORTOTION -Maho’s desk moved 2m” ]

会 期
2015年3月27日(金)〜4月25日(土)
開廊時間
水曜・金曜・土曜  12時00分 〜18時30分
木曜        12時00分 〜 21時00分
*火曜日は予約のみとなりますので、ご希望の方はメール又はお電話にてお問い合わせ下さいませ。
休廊
日曜・月曜・祝日
会 場
その他
オープニングレセプション :3月27日(金)18時00分 - 20時00分

201503_napplan2.jpg
この度、nap galleryではカナダ/モントリオールのキュレーター、ジル・ミハルシンの企画のプロジェクト「タムラサトル x ギヨームラブリ」を開催いたします。

本展では、2人の作家、ギヨームラブリ(カナダ在住)とタムラサトル(日本在住)がお互いのコンセプトをテレポートさせ、互いの地で、互いの作品を制作、展示をするというプロジェクトから生まれた、タムラによるインスタレーションを紹介します。


IRON∞MAN 2015

会 期
2015年2月20日(金) 〜 3月8日(日)
時間
12:00~20:00
定 休
月曜日・毎月最終日曜日
会 場
hpgrp GALLERY TOKYO
参加作家
飯島浩二、市川平、角文平、タムラサトル
その他
オープニングレセプション : 2015年2月20日(金) 19:00 - 21:00

アーツさいたま・きたまちフェスタ

会 期
2015年 2月 7日(土) ~ 2月11日(祝・水)
時 間
10:00~19:00 (9日休) 最終日15:00まで
会 場
プラザノース 他
参加作家
飯島浩二、市川平、加藤翼、角文平、久保田弘成、小鷹拓郎、橘宣行、タムラサトル
その他
詳細は下記で御確認ください。

<TIME CAFE EXHIBITION>
タムラサトル 展覧会 Vol.01「白熱灯のためのスイッチ」
Vol.02「スピンクロコダイルⅢ」

20141219.jpg

会 期
Vol.01「白熱灯のためのスイッチ」
2014年12月19日(金)~2015年1月18日(日)
※12月31日(水)、1月1日(木)は店休日とさせていただきます。

Vol.02「スピンクロコダイルⅢ」
2015年1月24日(土)~2月15日(日)
会 場
タイム カフェ 渋谷(ビームス タイム 2F)
その他
詳細は下記で御確認ください。

開館15周年記念展 「TARO賞の作家 I 」

会 期
2014年10月18日〜 2015年1月12日
会 場
参加作家
大巻伸嗣、タムラサトル、天明屋尚、藤井健仁、ヤマガミユキヒロ
その他
入場料・時間・レクチャー等は、以下をご覧ください。

THE MIRROR

会 期
2014年10月16日〜11月9日
会 場
銀座4丁目THE MIRROR館(名古屋商工会館)
参加作家
浅葉克己、内田 繁、尾関幹人、アニッシュ・カプーア、枯山水サラウンディング、隈 研吾、フロリアン・クラール、小松宏誠、さわひらき、神馬啓佑、タムラサトル、土屋公雄、堂本右美、トラフ建築設計事務所、中西夏之、流 麻二果、名和晃平、西野 達、ローランド・ハーゲンバ−グ、畠山直哉、ニコラ ビュフ、藤森照信、フランシス真悟、ベー・ビヨンウ、松岡正剛、宮田彩加、森 万里子、山上 渡、李 禹煥、渡辺元佳
その他
入場料・時間・レクチャー等は、以下をご覧ください。

京都国際映画祭 アート先行企画第3弾

会 期
2014年10月6日〜10月12日
会 場
京都駅ビルB2 ポルタ キューブ 連絡通路
その他
すでに終了しておりますが、JR京都駅に愛マシンを展示しました。
関連する記事です。

タムラサトル《真夏の遊園地》

会 期
2014年7月12日(土)~9月23日(火・祝)
9:30~17:00(入館は16:30)

9月23日(火・祝) 14:00〜
アーティスト・トーク・アンコール
出演:タムラサトル
場所:企画展示室
※企画展観覧料が必要です。(事前申し込み不要)
会 場
栃木県立美術館LinkIcon栃木県宇都宮市桜4-2-7
休館日
月曜日(7月21日、9月15日は開館)、7月22日、9月16日
入場料
一般:800円、大高生:500円、中学生以下無料

栃木県立美術館 - バーチャルツアー [タムラサトル《真夏の遊園地》]がアップされました。


20140712.jpgPDFはこちら(960KB)LinkIcon


デイリリー アートサーカス

会 期
2014年7月5日(土)~ 8月24日(日)
10:00~18:00(入館は17:30)
会 場
休館日
水曜日
入場料
一般:500円、大高生:300円、小・中学生: 200円

愛マシーン

会  期
2014年1月17日(金)~2月14日(金)
11:00~19:00
バレンタインクロージングパーティ : 2月14日(金)18:00- 作家在廊
会  場
テヅカヤマギャラリーLinkIcon大阪市西区南堀江 1-19-27
問合せ:担当/内田
休  廊
日・月祝

あいちトリエンナーレ2013 企画コンペ

出 展 作
《愛マシ-ン》は、1800×1800の鉄のフレームに、愛という形に機械パーツと極太のチェーンが組立てられ、愛という形に動く。
機械は何か仕事をするためにあるが、この《愛マシ-ン》は何も仕事をしない。ただ愛という形に動くナンセンスな機械。
会  場
伏見地下街(名古屋市)
会  期
2013年 9月20日~10月27日
公式サイト

AZマシ-ン/大阪マシ-ン

会  場
ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE GINZALinkIcon(東京、大阪)
ISSEY MIYAKE の銀座店、船場店で、マシ-ンの作品を展示します。
会  期
2013年 10月3日~10月31日

ゼロダテ美術展2013 Open Mind Go Wind

会  場
大館市、北秋田市
鷹巣駅前の河哲商店(北秋田市)に展示しています。
会  期
2013年 10月4日~10月27日
公式サイト

プラザノース開館5周年記念展 Domain of Art 11
タムラサトル展 大マシ-ン

主  催
さいたま市 プラザノース
会  場
会  期
2013年 8月3日[土] ~ 8月25日[日]
10:00-17:00
休 館 日
8月12日[月]
入 場 料
無料
お問い合わせ
プラザノース総合インフォメーションカウンター TEL:048-653-9255
協  力
TEZUKAYAMA GALLERY、N-mark

こども+おとな+夏の美術館「アートといっしょ」

主  催
会  場
群馬県立近代美術館 展示室 1
会  期
2013年 7月6日[土] ~ 8月25日[日]
9:30-17:00(入館は16:30まで)
休 館 日
月曜日(7/15、8/12は開館)、7/16(火)
観 覧 料
一般:500(400)円、大高生:250(200)円
*(  )内は20名以上の団体割引料金
*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
出 品 者
遠藤夏香、さとうりさ、志村信裕、祐成政徳、タムラサトル

N+N展2013「アートいないいないばあ―アートの思考法」

会  催
日本大学芸術学部美術学科+練馬区立美術館(平成25年度芸術学部長指定研究)
会  場
会  期
2013年 6月27日 [木] ~ 7月7日 [日]
10:00ー18:00(入館は17:30分まで)
休館日
月曜日
観覧料
無料
出品者
笹井祐子、大槻孝之、鞍掛純一、冨井大裕、福島唯史、設楽俊、内山翔二郎、大橋朋美、北澤一伯、瀬島匠、タムラサトル、田中里実、川上央、海老沢一仁、Nerhol(飯田竜太、田中義久)、東川哲也

シリーズ・川崎の美術 響きあうアート

会  期
2013年 4月6日(土)~ 6月30日(日)
会  場
川崎市市民ミュージアム アートギャラリー1・2
休  館
毎週月曜日 4月29日(月・祝)、5月6日(月・祝)は開館 4月30日(火)、5月7日(火)は振替休館
開館時間
9:30-17:00 (入館は16:30まで)
観覧料
無料
出品作家:
北川純、KOSUGE1-16、小森琢己、斎藤眞紀、鈴木俊輔、タムラサトル、冨井大裕と近藤恵介、永岡大輔、松本力
その他

3331 ART COLLECTOR FAIR

会  期
2013年 4月06日(土)~ 4月21日(日)
会  場
3331 アーツ千代田 1F メインギャラリー
開館時間
12:00-19:00
休  館
会期中無休
観覧料
500円(千代田区民と中学生以下は無料)
その他

タムラサトル個展 Point of Contact #5

会 場
〒550-0015 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2階
会 期
2013年3月1日(金)ー 3月30日(土)
休 廊
日、月
時 間
11:00-19:00

IRON MAN

参加作家
飯島浩二、 角文平、久保田弘成、橘宣行、タムラサトル
会  場
Creative Center OsakaLinkIcon(名村造船所跡地)
大阪市住之江区北加賀屋4-1-55
会  期
2013年3月13日(水) - 3月24日(日)
休  館
3月18(月)、19(火)
時  間
平日 13:00-19:00/土日祝 10:00-19:00
備  考

アートリンクとちぎ2012 
栃木県立美術館収蔵品展
美っくり展!!

会 場
小山市立車屋美術館
会 期
2013年2月23日(土)ー3月24日(日)
休 館
月、第4金曜、3月21日
時 間
9:00ー17:00
お問い合わせ
小山市立車屋美術館
栃木県小山市乙女3-10-34
tel:0285-41-0968

アートフェア東京 

会 期
2013年3月21日(プレビュー)- 3月24日
会 場
東京国際フォーラム
その他
テヅカヤマギャラリーより出展 ブースNo.G10
公式ウェブサイトhttp://artfairtokyo.com/LinkIcon

NEW CITY ART FAIR

会 期
2013年3月7日-3月10日
会 場
hpgrp GALLERY NEW YORK (ニューヨーク,チェルシー)
その他
テヅカヤマギャラリーより出展
公式ウェブサイトhttp://www.newcityartfair.com/LinkIcon

Tamura Satoru / [ Point of Contact #4 ]

詳細は以下をご覧ください。
http://napgallery.jp/exhibition/LinkIcon

会 期
2013年1月13日(日) - 2013年2月24日(日)
Exhibition dates:January 13(Sun) - February 24(Sun),2013
オープニングレセプション:2013年1月13日(日)17:00~19:00
会 場

nap gallery は、タムラサトル「接点#4」を開催いたします。
映像、立体を用いたインスタレーションで国内外でも注目を集めている作品の中から、本展では光りを用いた作品を展示いたします。
タムラの一貫した制作テーマは「いみの不在」であり、タムラ曰く「電流が流れ、光が明滅する単純明快な照明装置」であるといいます。しかし、光が点くという単純行為。不安定な一瞬の瞬き。意味ありげにつくられている連続する動作は、意味の不在を覆しながら存在し、力強く私達に意識させます。本展では、ユーモアの中に潜む皮肉を多岐にわたり表現してきたタムラ作品の中から、より一層余分なものを排除した新しい接点のシリーズを発表します。

“背景をもたない 思想的に真っ白な作品をめざし、意味の破壊をテーマに作品を制作。その破壊は決して重いものではなく、むしろ軽やかに行われます。笑いさえおこるでしょう。作品の中で、意味を積極的に破壊するか、もしくは意味がつかない状態にしてしまいます。素材・形態が持つであろう意味・設定・目的からも、自由でありたいのです。あるいは、それらに疑問を持っているのです。 タムラサトル”

nap gallery is pleased to announce a new exhibition “Point of Contact #4” by Satoru Tamura.
His works such as video installation and sculpture have attracted viewers in domestic and foreign countries, and this exhibition presents one of his symbolized light works.Based on his consistent work theme, “Nonexistence of meaning,” his light works are, according to him, just simple and clear lighting systems that send an electrical current and light bulbs blink and flash.However, those simple action of flashing, unstable flickering, and a meaning continuous motion exist in the nonexistence of meaning and the action strongly appeals to us.At this exhibition, Tamura, who has expressed irony that lurks behind humor through divergent ways, shows additively sharpen and polished “Point od Contact.”

“I create art based on a theme, destruction of meaning, to seek for artwork of pure white idea with no background. The destruction takes place lightly and never gravely. It may even bring laughter. In the artwork, I would constructively destroy the meaning, or create a situation where no meanings attach. I want to stay liberated from meaning, establishment, and purpose of its material and form. Perhaps, I have doubts about them. ? Satoru Tamura”


プラザ・ギャラリー開設25周年記念事業
第一期企画
自画自讃-新たな物語づくりのために

会 場
東京アートミュージアムおよびプラザ・ギャラリー
出品作家
篠原有司男、飯島浩二、内倉ひとみ、金沢健一、
小高一民、高橋理加、タムラサトル
会期および会場
東京アートミュージアム・南ギャラリー・北ギャラリー
2013年 1月12日-27日篠原有司男、飯島浩二、タムラサトル
2013年 2月 2日-24日篠原有司男、内倉ひとみ、金沢健一
2013年 3月 2日-24日篠原有司男、小高一民、高橋理加
関連事業
1月12日(土)17:00- オープニング・パーティー
1月12日(土)18:30- 展示作品とのコラボレーション(タムラサトル、飯島浩二)
2月2日(土)17:00- オープニング・パーティー
2月2日(土)18:30- 展示作品とのコラボレーション(内倉ひとみ、金沢健一)
2月9日(土)18:30- 展示作品とのコラボレーション(金沢健一)
2月16日(土)18:30- 展示作品とのコラボレーション(金沢健一)
2月23日(土)18:30- 展示作品とのコラボレーション(金沢健一)
3月2日(土)17:00- オープニング・パーティー
3月2日(土)18:30- 展示作品とのコラボレーション(高橋理加、小高一民)
企画構成
松永康
監 修
伊藤容子
主 催
ハウジング・プラザ
協 力
特定非営利活動法人コンテンポラリーアートジャパン
問合せ
ハウジング・プラザ

「Pilot plant 展 /Japanese identity」展

会 期
2013年1月12日(土)~2月2日(土)
オープニングレセプション:12日17時~¥500(1ドリンク付き)
会 場
出展作家
青木 万樹子、今井 祝雄、大野 浩志、岡本 光博、金沢 健一、笹岡 敬、
設楽 陸、しばた ゆり、杉村 順、タムラ サトル、タン ルイ、
つかもと やすこ、冨永 奇昂、豊嶋 康子、中野西 敏弘、中前 寛文、
ニュートラルプロダクション、林 彩子、疋田 淳喜、平松 伸之、藤木 正則、
本郷 仁、前谷 康太郎、柳本 明子
アーティストトーク
「日本人が美術を行うこととは?」:1月26日(土)16:00~(参加費¥500)
司会:三井知行(大阪市立近代美術館建設準備室学芸員)
オークション
2月2日(土)16:00~

HOOLS

詳細は以下をご覧ください。
http://www.zacheta.art.pl/en/article/view/961/hoolsLinkIcon

artists: David Adamo, Olaf Brzeski, Klara Lidén, Joris van de Moortel, Ahmet Ögüt, Ariel Schlesinger, Konrad Smoleński, Satoru Tamura
curators: Katarzyna Kołodziej, Magdalena Komornicka

date: 9.09 - 11.11, 2012
opening hours: Tuesday-Sunday 12-8 p.m.
Monday: closed

ZACHETA NATIONAL GALLERY OF ART
http://www.zacheta.art.pl/en/LinkIcon


ACM Multimedia 2012
Multimedia Art Exhibition 2012
「Eternal / Moment」展

全米電算機学会ACMによる国際学会「ACM Miltimedia2012」20周年大会が
奈良・東大寺で開催されます。
また、東大寺総合文化センターを会場に、国内外で活躍する
12組のアーティスト・研究者を迎え、
アート部門の企画展「Eternal/Moment」(11月4日まで)が開催されます。
アルスエレクトロニカ・フューチャーラボや
文化庁メディア芸術祭地方巡回事業を含む作品展示の概要は、下記の通りです。
古都の秋とあわせて、ぜひご高覧ください。

会 期
2012年10月20日~11月4日
会 場
東大寺総合文化センター 地下1階小ホ−ル
※各日の閉館時間については下記をご確認ください
参加作家
※参加作家・企画詳細は以下をご覧ください

Excessive! ー 過剰化する表現 ー

会 期
2012年8月4日(土)~11月2日(金)  7:30-22:00 無休
会 場
500m美術館
参加作家
石川潤、小川豊、菊地和広、古賀和子、小鷹拓郎、斉藤幹男、three、
高橋靖子、タムラサトル、ダム・ダン・ライ、前田麦、村上知亜砂、森迫暁夫

ゼロダテ/駅前美術展 2012「つれづれつづれ」

会 期
2012年10月6日~10月14日
会 場
【大館市】JR 大館駅前周辺・御成町二丁目商店街 大館市樹海体育館
【北秋田市】 JR 鷹ノ巣駅・内陸縦貫鉄道鷹巣駅前周辺 鷹巣駅前商店街
主 催
ゼロダテ/大館展 実行委員会
詳細は以下をご覧ください

COVER

会 期
2012年7月21日(土)~8月11日(土)  14:00-19:00 水・木休み
会 場
CAS
参加作家
今村源 大野浩志 岡本光博 金沢健一 笹岡敬 タムラサトル
アーティストトーク
8月11日(土)16:00~(参加費¥500)
司会:藤井匡(東京造形大学准教授)

タムラサトル展│Nマシーン

会 期
2012年8月21日(火)~ 9月8日(土) 13:00 ー 20:00
休 館
月曜・日曜
会 場
N-MARK B1
公式サイト

開館40周年記念企画(2) 復興祈念
〈とちぎアート・ドキュメント〉
光あれ!ー 光と闇の表現者たち

荒井経 薄井隆夫 内倉ひとみ 大森博之 柄澤齊 菊地武彦 クワクボリョウタ タムラサトル 豊島弘尚 渡辺豊重 

会 期
2012年7月21日(土)~9月17日(月祝)
会 場
栃木県立美術館
※アーティストトーク等、詳細は以下をご覧ください。
参加作家
荒井経 薄井隆夫 内倉ひとみ 大森博之 柄澤齊 菊地武彦クワクボリョウタ タムラサトル 豊島弘尚 渡辺豊重

つながる とどろき

会 期
KOSUGE1-16会期:

2012年7月22日(日)~8月26日(日)  13:00-16:00

(市民ミュージアム逍遥展示空間)

タムラサトル会期:

2012年7月29日(日)~8月26日(日)土日のみ開場 13:00-16:00

(等々力工業会展示場)

会 場
川崎市民ミュージアム

六本木アートナイト2012

詳細は以下をご覧ください。
六本木アートナイト Roppongi Art Night 開催概要LinkIcon

会 期
2012年3月24日(土)10:00 ~ 3月25日(日)18:00
コアタイム:

3月24日(土)17:56【日没】 ~ 3月25日(日)5:38【日の出】

※コアタイムは全体の開催時間中でメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。

会 場
六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
※ヒルズプログラムについては以下をご覧ください。
入場料
無料(但し、一部の美術館企画展およびプログラムは有料)
主 催
東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、六本木アートナイト実行委員会 【国立新美術館、サントリー美術館、東京ミッドタウン、21_21 DESIGN SIGHT、森美術館、森ビル、六本木商店街振興組合】(五十音順)
お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)

AIRS企画Vol.4「再考現学 Re-Modernologio」

会 期
2011年10月29日(土)〜 2011年12月11日(日)の土日祝
※週末のみの開催です。
会 場
AIRSハウス(仮) 青森市長島2-4-20
公式サイト

111027AIRS.jpg
長島2-4-20のための接点(2011年制作)


おおさかカンヴァス

会 期
2011年11月23日(木・祝)〜 2012年1月29日(日)
会 場
中之島・大阪城エリア、北摂エリア、咲洲・コスモスクエアエリア、新世界エリア、北加賀屋エリア、アメ村エリア、石切エリア、ほか
主 催
大阪府
参加作家
足立 喜一朗、アトリエズガ ワークショップ部門、R+気流部、飯島 浩二、石田 真吾、伊原 セイチ、S.R.L(Survival Revival Laboratory)、NPO法人Co.to.hana、大西 治・大西 雅子、大平 剛&大阪電気通信大学高見研究室、加藤可奈衛・本多紀朗、株式会社人間、関西大学都市設計研究室+TOFU+玉井悠嗣、京都精華大学 TMゼミ、金魚部、コタケマン、後藤 靖香、5020、CONE AND THE CITY PROJECT、Sakishima High School Art Mania、佐藤 隼、スナックその、oxoxo [ゼロバイゼロ]、船場アートカフェ、袖岡 千佳、高橋 喜代史、橘 宣行、タムラサトル、ツムテンカク実行委員会、東京ピクニッククラブ、TOMIMOTRAVEL、nami7、nisai/熊谷 信夫、西野 達、蓮沼 昌宏、ハナムラ チカヒロ、菩須彦団、松村忠寿、三橋 玄、宮崎 宏康、ミライカメラ、MOT8 Design studio、矢津吉隆×大喜多智裕、山川冬樹と伊藤キムが合体して「山川キム」になりました。、山本 麻世、横山 裕一
公式サイト

osaka.jpg
大阪マシ−ン(2011年制作) 旧WTC/大阪府咲洲庁舎2F


6A214のための接点

会 期
2011年 11月7日(月)〜 11月 18日(金)※土日休
会 場
筑波大学アートギャラリーT+
公式サイト

Tzuham1-330x231.jpgspacer.giftamurasatoru_DM-330x232.png


TERATOTERA祭り "post"

会 期
2011年10月20日(木)〜 10月 30日(日)
会 場
井の頭恩賜公園 吉祥寺バウスシアター 吉祥寺
PARCO屋上 武蔵野公会堂 その他JR吉祥寺駅周辺地域
※バウスシアターでの上映企画のみ11月4日まで開催
参加作家
淺井裕介 有賀慎吾 岩井優 遠藤一郎 利部志穂 齋藤雄
介 志村信裕 SONTON タムラサトル 永畑智大 東方悠平
和田昌宏 村田峰紀 松原壮志朗 他
公式サイト

Essential Ongoing - 静寂と狂気

会 期
2011年 9月2日(金)~ 9月21日(水)休/木
会 場
新港ピア内、新・港村ギャラリー
公式サイト

現代美術展〈分岐点〉2011

会 期
2011年 9月10日(土)~9月18日(日)休/16日(金)
会 場
旧栗橋北小学校/いきいき活動センターしずか館(体育館、会議室)
公式サイト

小川町現代美術散策

会 期
2011年 9月19日(月・祝)~ 9月25日(日)
会 場
小川町町内の4カ所の建物
公式サイト

過去の展覧会

ゼロダテ/大館展 2011「もうひとつの大館」~五周年記念展~

秋田県大館市
2011年 8月12日~ 8月20日

tamuraoodate.jpgspacer.gifIMG_6973_.jpg
100Vの電極となっている鋳鉄の犬と金属の棒が、不安定に接触することにより、照明が明滅する。
spacer.gif
http://www.zero-date.org/odate2011/LinkIcon

LinkIconmore

デイリリー・アートサーカス

西日本から東日本へ巡回展

東日本大震災地域のためにアートによる心の繋がりを運ぶ、人を繋ぐ、心を繋ぐ、町を繋ぐ30日間
https://sites.google.com/site/daylilyartcircuswebsite/LinkIcon

所沢ビエンナーレ「 引込線 」2011

埼玉県所沢市

ワークショップ:9月11日「100gをつくる」タムラサトル
http://tokorozawa-biennial.com/LinkIcon

A マシーン

Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo
2011年 5月28日~ 7月2日

hartTamura2.jpg
http://tsca.jp/LinkIcon

LinkIconmore

100の白熱灯のための100のスイッチ

B GALLERY(BEAMS JAPAN 6F)
2011年 2月5日~ 23日

dm.jpgB GALLERYでは初となる、タムラサトルの個展。規則的に点滅する100個の白熱灯と、それぞれに接続された100個のスイッチやコンセント、コードを使用したインスタレーションを発表しました。

http://www.beams.co.jp/b-gallery/LinkIcon

LinkIconmore

キャッチ・アンド・リリース

アートセンター・オンゴーイング /Art Center Ongoing
2010年12月9日 〜19日

DSC_0829_.jpg何も釣らないフィッシングマシン。鉄の台車のキャッチとリリースを繰り返す。そのロッドとリールの純粋な性能を提示。竿はしなやかにしなるために、リールは巻き上げるためにある。

http://www.ongoing.jp/LinkIcon

LinkIconmore

CITY-O-RAMA HONGKONG

上環地区(香港島)
2010年11月4日〜18日
installations across Soho Streets
2010年11月19日〜20日
all videos will be shown all day at 10 Chancery Lane Gallery

不明.jpgシティーオーラマは香港のソーホー地区の街中、商店などで10名の国際的なアーティストの作品を展示。ミアカから、タクロウソメヤコンテンポラリーアートのご協力により、タムラサトルを出展しました。

http://www.h-kage.com/CityORama.htmlLinkIcon

LinkIconmore

あいちトリエンナーレ2010

長者町会場/伏見地下街
2010年9月15日(水) ~ 10月3日(日)

ドラゴンに100Vを通電させ、スイッチ/接点として使用する接点の新作を出展。
ドラゴンに100Vを通電させ、スイッチ/接点として使用する。

あいちトリエンナーレ2010LinkIcon

LinkIconmore

現代美術展〈分岐点〉2010

旧栗橋北小学校/いきいき活動センターしずか館(体育館・教室)
2010年9月11日(土) ~ 9月19日(日)

郡山市立美術館 2009年郡山市立美術館 2009年分岐点 埼玉県東北部(埼葛地域)に集う現代美術作家たちLinkIcon
旧栗橋北小学校/いきいき活動センターしずか館

LinkIconmore

小山マシーン - タムラサトル展

小山市立車屋美術館
2010年7月10日(土)〜9月5日(土)

小山マシーン ポスター展示内容:
“小山”と動く小山マシーン、釣るだけの機械、震える鮫など、新作5点を中心に展示。
※展覧会名にはありませんが、個展になります。

小山市立車屋美術館LinkIcon
〒329-0214 栃木県小山市乙女3-10-34   
LinkIconmore

ぐるぐるボカン
まわる!はしる!つるおかの自然

鶴岡アートフォーラム
2010年7月24日(土) 〜 8月22日(日)

ぐるぐるボカン ポスター展示内容:
鶴岡に気候風土にあわせ大きくアレンジ。25m×25mの空間、2フロアにわたって、インスタレーションを展開するため、ダイナミックな展示になりました。
ワークショップの成果も含めて、新作も数点出展。
※展覧会名にはありませんが、個展になります。

鶴岡アートフォーラムLinkIcon
〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町13-3

LinkIconmore

...Can't Go On Like This!
MIACA+Map Office 上映

Map Office 屋上(Hong Kong)
2010年6月3日

leaflet出展作家:
海老原 優 
タムラサトル
松本力とオルガノラウンジ
鈴木光
安野太郎
シムラブロス
小瀬村真美
小鷹拓郎
西野正将
山下麻衣+小林直人

MIACA ミアカビデオアーカイブLinkIcon

LinkIconmore

モノガタリ「Dish...Dish...Dish...」

静岡市民文化会館 2Fギャラリー
2010年1月9日(土) - 1月24日(日)

photo皿を素材に使用したグループ展に出展します。
新作「食器の音たてる」 を展示します。
スプーン、フォーク、ナイフが、皿の上で震え、音をたてる作品です。

静岡市民文化会館LinkIcon

LinkIconmore