INFORMATION

1トンになる タムラサトル/栃木市立美術館
展覧会

2022.11.3 – 2023.3.5 キックオフ・プロジェクト成果展「1トンになる タムラサトル」

1トンになる タムラサトル 栃木市ゆかりの現代美術家、タムラサトル氏(栃木県立栃木高等学校卒業)が栃木市民と共に制作した作品です。幅× 奥行それぞれ120cmの台秤に参加者が乗り、重さを調節しながら1トンぴったりにするというイベントを記録した映像を展示します。 1トンぴったりになるまではさまざまな工夫があり...

ワニがまわる理由(ワケ)は聞かないでほしい
展覧会

2022.8.27 – 9.24 , 9.16 – 10.15 タムラサトル「ワニがまわる理由は聞かないでほしい」

このたび MAKI Gallery と TEZUKAYAMA GALLERY では、栃木県を拠点に活動するタムラサトルの個展「ワニがまわる理由は、聞かないでほしい」を共同開催いたします。本展は、今年6月に国立新美術館(東京・六本木)で好評を博した個展に続き、タムラが30年近くにわたり制作を続けてきた代表作、...

Enlightenment アートの光―現代アーティストによる四つの光の空間(鶴岡アートフォーラム)
展覧会

2022.7.16 – 8.21 Enlightenment アートの光 ― 現代アーティストによる四つの光の空間

 杉山明博、タムラサトル、plaplax (プラプラックス)、瀧澤潔ら、現代アーティストによる光をもちいた作品を紹介する展覧会です。それぞれのアーティストによって構成された四つの空間を巡り、光のアートによって生み出される世界を体感します。 タイトルの‘Enlightenment’は「啓蒙」や「明らかにするこ...

ワニがまわる タムラサトル 国立新美術館
展覧会

2022.6.15 – 7.18 ワニがまわる タムラサトル

開館15周年という記念の年に、現代美術家・タムラサトルの個展を開催します。代表作「まわるワニ」のカラフルな彫刻を、約12メートルの巨大なワニを中心に、大型インスタレーション作品として展開します。ユーモアに満ちたタムラの作品は、既成の価値観を揺さぶり、「アートとは何か」という問いについて考えさせてくれます。ま...

展覧会

2021.11.6 – 12.12 見て!感じて!作ってみよう!

 平成29年度から、企画展に関連せず、美術にまつわることを幅広く学ぶためのスタディプログラムを実施しています。令和3年度は3人のアーティスト、タムラサトル、木村俊也、前田恵理子をワークショップの講師に迎え、このスタディプログラムを拡張したプログラムを行います。 (スタディプログラム「見て!感...

TOKYO machine/2021
展覧会

2021.9.18 – 9.23 タムラサトル展 TOKYO マシーン

今回会場では数字や⽂字、記号などを形作ったチェーンが延々と回る「マシーンシリーズ」が展⽰されます。アルファベットの「ART」をかたどったART マシーンや、「!」(エクスクラメーションマーク)型のマシーン、また今回初披露となるTOKYO マシーンなど、20点以上の作品が同時に動く様は圧巻です。 (【展覧会】...

タムラサトル展 100の白熱灯のための100のスイッチ #5
展覧会

2021.6.29 – 9.20 タムラサトル展 100の白熱灯のための100のスイッチ #5

タムラサトルが創造する作品の共通点は、電気を動力としていること、そして「装置」と呼びたくなる構造であることです。絵画・彫刻・工芸といったこれまでの美術ジャンルの枠組みから解放された作品は、現代社会のインフラである電気によって命を吹き込まれ、インフラとは縁遠いはずの作品からにじみ出るユーモアは、私たちの心に作...